埼玉スカイテック株式会社

埼玉県熊谷市の埼玉スカイテック(株)は、農薬散布、ドローン空撮を通して社会貢献を行っています。

産業用無人ヘリコプター部門

農薬散布事業

農薬・種子の散布

ヤマハの「産業用無人ヘリコプター」による農薬・種子の散布を行います。
オペレータの操縦疲労の低減と、正確で均質な散布作業を実現すること、また”安心と安全”をキーワードに行っています。
産業用無人ヘリコプターの汎用性をさらに広げ、日本の農業がかかえる農業生産者の高齢化と後継者不足、農村構造の多様化や混住化による航空防除の補完、農産物の低コスト化など、様々な問題の解決に寄与しています。

オペレータの養成

無人ヘリコプターで「農薬散布作業」を行うためには(社)農林水産航空協会で認定されたスカイテックアカデミーを受講していただく必要があります。
技能検定と学科テキストに合格した人には、(社)農林水産航空協会の交付する『オペレータ技能認定証』を発行します。

※スカイテックアカデミーは無人ヘリコプターの導入を前提としたスクール(=不定期実施)となっております。

整備点検

安全に無人ヘリを航行させる為には、定期的なメンテナンスが欠かせません。埼玉スカイテックでは専門の整備士が点検作業を行っております。

空撮事業
農薬散布事業
ドローン教習所事業
除草剤散布用無人ボート

農薬・種子の散布
農薬・種子の散布
 

利用分野

アメリカでは有人の飛行機やヘリコプターによる薬剤や種子の散布は早くから盛んで、日本でも取り入れられつつありました。しかし日本では一農家あたりの耕作面積が小さくコストが増すこと、周囲への薬剤飛散などの影響が問題になりやすいなどの難点があり、普及が難しい環境にありました。
それでも農業従事者の減少、特に若年労働力の農業離れは深刻な問題で、農作業のあり方に改革を必要としました。
今では水稲をはじめ、大豆や麦の防除システムとしてすっかり定着し飛躍的に防除面積を伸ばし続けています。その理由は、農業政策による「省力低コスト生産技術の確立」や、環境に考慮した農作物の生産、そして何よりヤマハ無人ヘリコプターの「超効率」やその「効果」などの実用性が証明され、お客様の描く将来の農業スタイルに欠かせないという事を理解していただいたことであります。
日本の農業が抱える様々な問題の解決、食糧自給率のアップに寄与するものとして更なる普及拡大が期待されています。

散布の利用分野とその活躍

農業分野における無人ヘリコプターの利点や活躍をご紹介します。

水稲…地域一斉での適期防除が効果的です。
果樹…傾斜地の多いかんきつ園地の省力防除を実現しました。
肥料…搭載能力の向上で肥料散布にも威力を発揮します。
野菜…たまねぎ、キャベツなどの野菜へも活躍しています。
…作付面積の増加とともに防除面積が飛躍的に伸びています。
…松食い虫の防除への利用が伸びています。
大豆・小豆…高い防除効果により防除面積が飛躍的に伸びています。


無人ヘリのメリット

農業従事者の減少、農作物の低コスト化などの問題の中で、生産性の維持・向上していくには効率的な薬剤散布は欠かせない。しかし、一方で環境問題や人体への影響に対する配慮も重要な課題である。無人ヘリコプターによる薬剤散布は、これらを両立する次世代の農業として大きな期待が寄せられている。

散布のメリット

1.超効率的な防除

ヤマハ無人ヘリコプターの作業能力は1日30ha以上! 1時間当たり6~10ha、1haを約6分で完了させることが出来ます。しかも少人数での作業が可能である為、省力・低コスト農業に寄与します。

2.高い防除効果

超効率防除を地域一斉で取り組むことで、広域的な適期防除が可能になります。ヤマハ無人ヘリコプターによる防除は作物から3~4mの高さからロータのダウンウォッシュ(吹き降ろし風)効果により葉裏や株元まで農薬がしっかりと付着し優れた効果を発揮し少量の薬剤を広範囲に均一散布することができます。

3.楽しさと快適さ

農業後継者の皆様に新しい「夢と楽しみ」を提供し大好評です。防除作業は圃場内に立ち入ることなく周辺からの遠隔操作により行うため、農薬をあびることなく快適・安全です。

4.環境配慮

●従来の73dBから70dBに騒音を軽減(50m離れた地点での測定値・当社計測方法による)
●燃料消費率を20%削減で低燃費化を実現
●4ストロークエンジンでクリーンな排気ガス

散布ヘリの紹介

FAZER

 

FAZER
FAZER
 

安心操作を実現する高性能GPS搭載。操縦安定サポートシステム[YACS-G]。
農薬・種子の散布用の機体。すべての舵をコンピュータで制御し、優れた飛行安定性と操縦性を実現するYACSⅡ(ヤマハ姿勢制御装置)に加え、高度や速度までも検知するGPSを組み入れた[YACS-G]を搭載。微調整を要する速度コントロールやホバリングも容易に行え、より効率的で効果的な散布作業を可能にし、オペレーターのストレスも大幅に軽減します。

 

WATER STRIDER

水稲栽培での田植や直播の前後に遠隔操作で除草剤散布作業ができる、ヤマハ発動機製の無人ボートです。全長は約1.6m。ボート開発で培われた船体設計で、機動力の高い機体を実現しました。走りながら船底から薬剤を水中に放出し、すばやく散布を完了します。
水中に推進用スクリューがないため、稲を傷める心配がありません。大規模なほ場への散布も、一人で楽々実施できます。


WATER STRIDERの特徴

ワンタッチで着脱可能な薬剤タンク

業界初の着脱式カセットタンク採用。スペアタンクを導入すれば、タンク交換だけでスピーディーに薬剤切り替えができます。

※着標準装備のタンクは1個のみ。タンク単体販売もあります

信頼性の高いボディー

ボートやプール製造などで長年培ってきた艇体技術の一つであるFRP加工技術を活かした、強靭・耐錆のFRP性ボディーです。独自の衝撃吸収技術を採用しています。

抜群の滑走性・旋回性と操作性

エンジン駆動のプロペラによる風で推進。水深5cm以上で滑走が可能です。操縦はホイラー式の専用送信機で行います。免許なしで誰でも扱うことができます。

安心のメンテナンス

アフターサービスは当社が承ります。部品供給・メンテナンスなど充実したサービスをご提供いたします。

仕様諸元

エンジン

エンジン種類 4サイクル 単気筒
エンジン排気量 34CC
始動方式 リコイルスターター式
使用燃料 レギュラーガソリン

寸法

全長 1,660mm
全幅 740mm
全高 650mm
乾燥重量 24kg(着脱式カセットタンク含まず)

送信機

タイプ ホイラー式
無線周波数 2.4GHz
電源 単三形乾電池使用(別売)

 

その他

使用薬剤 フロアブル剤
薬剤タンク容量 8L 着脱式カセットタンク

 

埼玉スカイテック(株)

ページトップ